レンタルサーバーが生まれ変わります。

ファーストサーバのレンタルサーバーはすべて
新しいレンタルサーバー「Zenlogic」へ切替えとなります。
切替えの時期などの詳細は右記をご確認ください。

サービス切替え共有サーバー(ビズ2)など

契約切替え専用サーバー(エンタープライズ3)など

マニュアル:WEB機能

WEBアクセス制限設定

WEBアクセス制限機能では、特定ディレクトリ以下にあるファイルへの、ブラウザでのアクセス制限を設定できます。例えば、ある接続元IPアドレスからのアクセスに対し、アクセス許可・拒否の設定を行えます。
「社内からのみアクセス可能にしたい」「迷惑ユーザーの接続元IPアドレスからのアクセス一括拒否」など、ホームページの運用・管理に活用できます。

注意事項

  • 制限はディレクトリ毎となります。ファイルに対し制限をかけることはできません。また、制限を行ったディレクトリ内のディレクトリは、上位ディレクトリの設定となります。ただし、下位のディレクトリに設定を行われていた場合、該当ディレクトリの設定が優先されます。
  • お客様にてご用意された「.htaccess」を設置されたディレクトリには、この機能は設定できません。ただし、《会員制WEB設定》との併用は可能です。

WEBアクセス制限設定

作業手順

コンフィグレータにログインし、「WWWサーバ機能」から以下のメニューへ進みます。

【WEBアクセス制限機能 >> WEBアクセス制限設定】

アクセス制限を行う領域を選択します。ここでは例として、wwwディレクトリ内にある、「sample」というディレクトリに制限設定します。
「通常領域(http://)への設定」をクリックします。
アクセス制限領域選択

「◇別のディレクトリへ移動する」欄にて、制限設定を行うディレクトリを選択し、「移動」をクリックします。
ディレクトリ選択

「現在のディレクトリ」で「/www/sample/」が選択されているのを確認し、「設定」をクリックします。
アクセス制限設定

任意の制限設定のラジオボタンをクリックして選択します。
ここでは例として、特定IPアドレス(社内用など)からのアクセスのみ許可したい場合の「(3)下記一覧のIPアドレス/ホスト名からのアクセスのみ許可する 」を選択します。
次に、アクセスを許可したいIPアドレスもしくはホスト名を「IPアドレス/ホスト名」欄に入力し、「設定」をクリックします。(最高10個まで設定可能です)
アクセス制限設定
※「IPアドレス/ホスト名」欄に「all」もしくは「ALL」のみは指定できません。
※入力内容に誤りがある状態で「変更」を押すと、入力内容は破棄されますので慎重にご入力ください。

【IPアドレスの記入例】
記入例 設定可否 詳細
192.168.0. 最後が"."の指定が可能です。
(「すべての192.168.0.〜に対する制限」が可能)
192.168.0.0/24 プリフィックス表記で指定可能です。
192.168.0.0/
255.255.255.0
ネットマスクでの指定はできません。

【ホスト名の記入例】
記入例 設定可否 詳細
example.jp example.jp に対する制限となります。(○○.example.jp を制限する場合は、○○.example.jp と指定してください)
○○.example.jp ○○.example.jp および、〜.○○.example.jp に対する制限となります。
.example.jp 一文字目に"."を指定することはできません。
※「.example.jp で終わるすべてのホスト」に対する制限はできません。
***.example.jp "*"(ワイルドカード) での指定はできません。
※「.example.jp で終わるすべてのホスト」に対する制限はできません

「以下の制限が設定されました。」と表示されれば設定完了です。
アクセス制限設定完了

続いて動作確認を行います。

設定を行ったディレクトリに、Webブラウザ(Internet Explorerなど)でアクセスし、アクセス制限が正しく設定されているかご確認ください。

アクセス制限の変更/解除について

■アクセス制限の設定内容の変更
コンフィグレータの以下のメニューから行ってください。
【コンフィグレータTOP >> WWWサーバ機能:WEBアクセス制限機能 >> WEBアクセス制限変更】

■アクセス制限の設定の解除
コンフィグレータの以下のメニューから行ってください。
【コンフィグレータTOP >> WWWサーバ機能:WEBアクセス制限機能 >> WEBアクセス制限解除】