レンタルサーバーが生まれ変わります。

ファーストサーバのレンタルサーバーはすべて
新しいレンタルサーバー「Zenlogic」へ切替えとなります。
切替えの時期などの詳細は右記をご確認ください。

サービス切替え共有サーバー(ビズ2)など

契約切替え専用サーバー(エンタープライズ3)など

マニュアル:ログ機能「サーバーのアクセスエラーログ」

アクセスエラーログ確認方法

アクセスエラーログ「error_log」には、「http://〜」でサーバーにアクセスし、エラーとなった際の記録が保存されます。お客様のホームページ内でのリンク切れや、プログラムが正しく動作しない場合の原因などを確認するために活用できます。

※ログファイルの保存場所や種類は《ログの保存先・種類》をご確認ください。

ログの見方について

【アクセスエラーログサンプル】
ログサンプル

項目 意味
1:日付 アクセスのあった日付と時刻が記録されます。
2:エラー分類 エラーの分類が表示されます。
[error]:エラーの場合に記録されます。
[notice]:WEBサーバーの起動メッセージやモジュール組込みの際に記録されます。
3:接続元ホストのIPアドレス IPアドレスは、ほとんどの場合インターネット接続プロバイダのIPアドレスとなります。
4:エラー内容 エラー内容が記録されます。
例では、「ファイルが見つかりません」という意味です。代表的な各エラー内容について詳しくは《よくあるエラー内容》を確認ください。
5:該当ファイル名 エラーが発生したファイルまでの絶対パスが記録されます。例では、「www ディレクトリ内の sample.html がエラーである」という記録になります。

よくあるエラー内容

一般的によく表示されるエラー内容です。ホームページでHTMLファイルや画像ファイルが表示されない場合や、お客様でご用意されたオリジナルCGIが正しく動作しない場合には、アクセスエラーログの内容をご確認ください。

File does not exist
原因と対策 リクエストされたファイルが存在していません。指定されたファイル名に誤りがないかご確認ください。また、ファイル名に誤りがない場合には、指定したファイルがサーバーにアップロードされているかご確認ください。

password mismatch
原因と対策 BASIC認証が設定されたディレクトリにアクセスする際に入力する、パスワードに誤りがある場合に表示されます。パスワードを再度確認してください。

file permissions deny server execution
原因と対策 リクエストされたファイルのパーミッションが正しく設定されていません。ファイルのパーミッションが正しく設定されているかご確認ください。
※パーミッションを正しく設定しても動作しない場合には、プログラムの開発元様にお問い合わせください。
※オリジナルCGIのプログラム自体は、弊社サポート対象外となります。詳細は《オリジナルCGIプログラム 注意制限事項》を参照ください。

Premature end of script headers
malformed header from script. Bad header=Launching
No such file or directory: exec of
原因と対策 リクエストされたファイルに何らかの問題がある可能性があります。お客様でご用意されたプログラムの内容をご確認ください。
※オリジナルCGIのプログラム自体は、弊社サポート対象外となります。詳細は《オリジナルCGIプログラム 注意制限事項》を参照ください。