マニュアル

サーバーのディレクトリ構成と各役割

FTPソフトなどでサーバーに接続した時に表示されるディレクトリ(フォルダ)構成と、各ディレクトリの役割を説明しています。

ディレクトリ構成

※各ディレクトリ名をクリックすると、詳細情報へ移動します。
ディレクトリと各種役割説明 www www www cgi-data logs ml snapshot db

wwwディレクトリ/SSLディレクトリ

EC-CUBEのデータが設置されているディレクトリです。

  • 「http://〜」「https://〜」で表示するファイル(HTMLファイルや画像ファイルなど)は、サーバー内の「/www/eccube/html/」ディレクトリ以下に設置してください。
    ※「ssl」フォルダ内にファイルを設置しても表示されません。
    ※SSL通信(「https://〜」)を利用するには、別途有料オプションサービスのお申し込みが必要です。
      ご利用前に必ず《SSL・暗号化通信》をご確認ください。
    ※「http://〜」「https://〜」とで同じファイルを参照するため、SSL暗号化有無により異なるコンテンツを表示することはできません。
  • EC-CUBEのデータは「/www/eccube/」ディレクトリ以下に保存されています。
    ※上記フォルダ内のファイルを削除すると、EC-CUBEが正常に動作しない原因となりますので削除などは行わないでください。
      アクセス時のURL 実際に参照されるサーバーのディレクトリ
    管理画面URL https://www.お客様ドメイン名/admin/ /www/eccube/html/admin/
    ショップサイトURL https://www.お客様ドメイン名/ /www/eccube/html/
  • サーバーの一部機能を利用すると自動的にディレクトリが作成される場合があります。
    ■弊社提供機能で自動作成されるディレクトリ
    ※削除されますと各機能が正常に動作しませんので削除しない様ご注意ください。
    _archive 「メーリングリスト設定」で[ログのHTML化]を設定された場合に生成されます。

cgi-dataディレクトリ

WEBブラウザでアクセスすることができない領域です。
ディレクトリの作成とFTPソフトなどをつかったアップロードおよびダウンロードのみ利用可能です。

logsディレクトリ

サーバー利用時の各種ログが、一定期間保存されるディレクトリです。
ダウンロードのみ利用可能なディレクトリとなり、お客様にてディレクトリを作成したり、ファイルを転送することはできません。保存される各ログファイルの種類と保存期間について詳しくは《ログの保存先・種類》を確認ください。

mlディレクトリ

「メーリングリスト設定」で使用するディレクトリです。
「メーリングリスト設定」をご利用の場合、mlディレクトリ内にある「etc」というディレクトリを削除されますと正常に動作しませんので削除しない様ご注意ください。
メーリングリストについて詳しくは《メーリングリスト》をご参照ください。

snapshotディレクトリ

「簡易バックアップサービス(有料オプション)」で使用するディレクトリです。
詳しくは《簡易バックアップサービス》をご参照ください。

dbディレクトリ

データベースで使用するディレクトリです。
MySQL/PostgreSQLのデータは、dbディレクトリ内に生成されます。
FTPにてデータのバックアップ、アップロードを行う際にこのディレクトリにアクセスします。