移行の際にメールソフトの設定変更は必要ですか

データ移行

移行元サーバーでご利用のメールアカウントやパスワード、メールサーバー情報はそのまま移行します。
ただし、下記機能をご利用の場合はメールソフトの設定変更が必要となります。

APOP / POP before SMTP

Zenlogicでは「APOP」「POP before SMTP」をご提供していません。
メールソフトでメール受信時の認証方式として「APOP」や「POP before SMTP」を利用されている場合は、その他設定への変更が必要です。

その他、電子メールの移行に関する詳細については、以下をご確認ください。

機能別移行手順/前後比較 – 電子メール設定

サーバセキュア化サービス

Zenlogicではメール/FTPの暗号化通信は”標準ドメイン名”でご提供しております。

※ 標準ドメイン名には共有SSLをご提供しております。

移行元サーバーでメール/FTPの暗号化通信をご利用の場合(下記の設定を指します)は設定の変更が必要となります。

Zenlogicの設定 サーバセキュア化サービス
メール受信サーバー 標準ドメイン名(ファーストサーバ提供) www.基本ドメイン名
メール送信サーバー 標準ドメイン名(ファーストサーバ提供) www.基本ドメイン名
FTPサーバー 標準ドメイン名(ファーストサーバ提供) www.基本ドメイン名

各ソフトの設定方法については下記ページをご参照いただき設定変更を実施してください。

機能別マニュアル – メールソフトの設定

機能別マニュアル – FTPソフトの設定

ご注意ください

Zenlogicでは容易に推測可能なパスワードが設定されていることを原因とする、第三者によるメール盗取や情報漏えいといった被害事例が多く報告されておりますため、従来サービスの登録規則より厳格化を行っております。

厳格化に伴い、容易に推測可能またドメイン名と同一等のパスワードを設定されている場合はデータ移行時にランダムなパスワードに変更を行います。

サービス移行のお手続き中にパスワード変更が必要なアカウントをご案内します。

該当のアカウントについては、[カスタマーポータル]でのパスワードの再設定とメールソフトの設定変更が必要です。

※ メールアカウントは変更なく移行いたしますので、メール受信ができないなどの問題は発生いたしません。

ページ上部へ