レンタルサーバーが生まれ変わります。

ファーストサーバのレンタルサーバーはすべて
新しいレンタルサーバー「Zenlogic」へ切替えとなります。
切替えの時期などの詳細は右記をご確認ください。

サービス切替え共有サーバー(ビズ2)など

契約切替え専用サーバー(エンタープライズ3)など

トラブル解決

急にメール送信ができなくなった

プロバイダ各社による迷惑メール対策について

近年、多くの迷惑メールや、悪意ある第三者が他人のメールサーバーを不正利用する被害が増加しており、大きな社会問題になっています。その対策としてプロバイダ各社では、プロバイダ以外のサーバーからのメール送信を制限する「25番ポートブロック(Outbound Port25 Blocking)」という対策を実施しています。
そのため、「昨日まで問題なかったのに、今日突然メールの送信ができなくなった」、「プロバイダのメールは送れるのにファーストサーバのメールが送れない」などの問題が起こります。

「25番ポートブロック」では、メール送信時に通常使用する25番ポート※の利用が制限されますので、メールを送信できずエラーになります。これを解消するため、別ポートの「Submissionポート(587番ポート)」と、メール送信時に毎回必ず「アカウント」「パスワード」による認証を行う「SMTP-AUTH」を組み合わせて、プロバイダ以外のメール通信を許可する仕組みが用意されています。
「25番ポートブロック」の実施状況については、ご利用のプロバイダへ直接ご確認ください。

※ポートとは、コンピュータの中で通信が行われる出入口の事を指します。

各メールソフトのSubmissionポート設定について

「25番ポートブロック」対策が実施されているプロバイダをご利用の場合、「Submissionポート(587番ポート)」を使用するための設定が必要です。
設定方法は以下をご参照ください。

メールソフトの設定


※ 各メールソフトの「Submissionポートの設定」ページをご確認ください。
※ Submissionポートを利用するには、メールサーバー側で「SMTP-AUTH」認証の設定が必要です。
設定方法は《メールマニュアル:メールサーバー不正利用の防止対策》の作業手順をご参照ください。

よくあるご質問